むだ毛自己処理の失敗体験を踏まえて…

むだ毛自己処理の失敗体験を踏まえて…

むだ毛の処理を自分でしてた理由

脱毛サロンに行く時間がないわけじゃない、通うお金がないわけじゃない。それでも私がむだ毛の自己処理にこだわって(?)いたのは、「恥ずかしい」から。そこそこむだ毛が多い私、VIOラインはもちろんのこと脇やすねを見ず知らずのサロンのお姉さんの前で晒すなんてとんでもない!と思ってたんです。

向こうも仕事でしょうから、そんなに気にしてないんでしょうけどね。それでも脱毛する前に数日~数週間は自己処理NG、ある程度むだ毛を生やしておかないといけないというシステムに抵抗がありました。

むだ毛の自己処理で後悔…

そんな感じで全身どこでも毛抜きやシェーバー等で処理していた私。ある日びっくりするようなものを発見したんです。すねにぽつぽつと虫刺されのような赤いふくらみ。さわってみるとちょっと痛い…。そう、埋没毛が足に何カ所か出来ていたんです。自己処理で毛抜きやシェーバーを多用している人によく起こりがちな症状らしいんですが、これって。

皮膚の表面に出ているむだ毛を処理する時に、表皮を傷つけてしまうことでむだ毛の出口がふさがってしまうんです。結果、毛根もそのあと延びたむだ毛も表皮の奥深くに眠ったまま。無理やり切開するとまた膿んでしまうし、ビキニラインに埋没毛が出来てしまった時は皮膚が厚くなってしまうしもう手が付けられません。

それ以降、脱毛はサロン派

実は私、この埋没毛をきれいに治してもらうために皮膚科にまで行きました。だって足にできた虫刺されのような跡がなかなか治らなかったし、水着を着た時にちょうどばっちり見えてしまう位置も大きい赤ニキビのような状態になってしまっていましたから。

その後、結局私は素直に脱毛サロンに通い始めました。サロンのお姉さんにこの経験を話すと、「あー、自己処理あるあるですね」と言われてしまいましたけど。
私みたいに強い動機もないのになんとなく自己処理派の人、一度サロン体験してみるのも良いかもしれませんよ。この全身脱毛ランキングも参考になりました。


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/sites/heteml/users/r/e/i/rei6ray/web/cocoge/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 27
Leave a comment